社員インタビュー

アットホームではたらく若手職員へインタビュー!
働きがいや、アットホームで働いてよかったことなどを聞いてみました!!

入職3年目 介護士

K君(22歳)一般棟介護課所属 介護士

Q. アットホームに来る前の職業は?

A. 工業系の高校を卒業して、工場で機械を扱った仕事に就いていました。
あんまり楽しくなかったです。おんなじ動きをして、一日同じ流れで、同じ時間に帰るみたいな、変化のない仕事だったので楽しみやりがいは低かったですね。
楽しんで仕事をするよりも仕事だけをしに行く感じでした。
職場の先輩も最初は丁寧に教えてくれてたけど、業務が覚えずらいとどんどん指導が厳しくなってきて、最後は作業的な仕事が面白くなくて辞めました。

Q. なぜ、介護業界に飛び込もうと思ったの?

A. もともと介護関係の仕事はテレビで見てて、いいなと思っていました。たまたまアットホームの求人が出ていたので応募してみて、就職しました。

写真:K君

Q. 介護の印象はどうだった?

A. 介護はしんどそうとか、腰痛めそうていう大変そうなイメージがありました。
実際に就いてみて、しんどいのはしんどいけど、一日一日変化がありますね。
利用者様とのかかわり方ひとつで答えてくれるし、こっちももっと頑張らないと思えます。
先輩もいい人ばかりで、ちゃんと褒めてしっかりと指導してくれます。
悩みにもしっかりと相談にのってくれるし、ごはんもよく連れて行ってくれるし可愛がってもらってると思う。
いい先輩ばかりで楽しく仕事させてもらってます。
毎日同じ状況じゃないから、どう行動すれば利用者さんが楽しく生活できるのか、ほかの職員さんが仕事しやすいようにできるのか考えて行動するようになったし、未熟な所もあるけど、少しづつできるようになってきたなと思います。

Q. 仕事が嫌になったときは…ぶっちゃけある?

A. いやになったときは何回もあります。そういう時は仲の良い先輩に話を相談して、悩みを聞いてもらってます。すっきりしない時もあるけど、明日も頑張ろうってなります。話を聞いてくれる先輩は何にもいます。一人だけじゃないです。

Q. どんなことで?

A. 利用者さんと関わりで失敗した時とか。でも、利用者さんの対応でダメな所があれば、そこを的確に先輩がアドバイスをくれるので、次からそこは直して徐々にうまくなってきてる気はしています。アドバイスを参考に仕事に生かしています。

Q. この仕事で自信をもってこの仕事いける!と思えた瞬間は?

A. 利用者さんと関わりを3年もしてるので、コミュニケーションも上手くなって、そう思えてきました。
テレビを見てるだけでは暇だと思うので、今は利用者さんが楽しくなれるようなレクリエーションのやり方を自分なりに学んで実施してます。利用者さんが喜んでくれることが自分の喜び。実践して、ダメだったら辞めて、良かったら続けての試行錯誤の繰り返しです。
介護も大事だけど、いろんな面で利用者さんとのコミュニケーションを重ねて楽しんでもらえたほうが職場の雰囲気も良くなるし利用者さんとのかかわりも良くなってくると思います。
介護は介護するだけでも仕事は成り立つけど、それ以外のことにも目を向けて続けていけたらもっといい職場になると思う。

Q. これまでの中で自分なりに工夫してきたことはある?

A. いままではあんまりなくて、ここに来てからです。
いい職場なので、自分から学ぼうと思うし頑張っていこうと思います。

Q. これから介護の仕事を目指す方に先輩から一言お願いします

A. 先輩は悩み相談にもしっかりのってくれるし、何よりアットホームは楽しいです。
しんどい事もあるけど、楽しさのほうが上回ってると思います。
つらい時もあるけど、そんな時はいっぱいいる先輩に相談できますので、安心してきてください。ぜったいに相談に乗ってくれます。ぜひ来てください☆


入職1年目 理学療法士

I君(23歳)機能訓練室勤務 理学療法士

写真:I君

Q. 理学療法士になろうと思ったのは?

A. 高校時代バスケットボール部で、最後の総体1か月前に腰を痛めてしまい、理学療法士さんに支えてもらった事がきっかけです。
人を支えるいい仕事だなと思って目指しました。

Q. もうすぐ1年になるけど、どんな1年だった?

A. まずは仕事に慣れるのが大変でした。
学校で習ってきたことはわずかで、まだまだ経験不足です。
慣れてからも利用者様への接し方がそれぞれ違うので、身体面だけでなく精神面や環境面すべて考える事が必要だなと感じました。

Q. アットホームに就職したきっかけは?

A. きっかけは実習で老健に来た事です。
高齢者分野では時間をかけてじっくりゆっくり関われることが魅力でした。

Q. 職場に慣れていくにあたって、上司からのサポートはありましたか?

A. 先輩が的確なアドバイスをどんどんくれるので、積極的なタイプではないから、ありがたいです。
個性に合わせて指導してくれる体制が機能訓練室にはあります。

Q. 理学療法士として成長のサポートはありましたか?

A. 技術面、体の動きの見方、重点的に見る所とか、経験豊富な先輩から実践的なことや技術などを教えてもらってます。先輩のリハビリ場面や、自分のリハビリ場面を見てもらうことで成長につながっています。

Q. 最近楽しかったことを教えてください!

A. 職員と利用者様が一緒に楽しめるクリスマス会は楽しかったです。
僕はカメラ係で、利用者さんの笑顔を間近で撮影してました。
大変だったのは夏祭り!久しぶりにソーラン節踊りました。ソーラン節の練習では、普段あまり話さない部署の方と話す機会もあって、人柄もわかるし知り合えるきっかけになりました。
あと、職員だけのフットサルのイベントも楽しいです。親しくなれるし、仕事の話もしやすくなりました。

Q. 最後にアットホームのオススメは?

A. 親身になって指導をしてくれること、職員さんが皆やさしいところです。

写真:I君


入職1年目 支援相談員

Mさん(23歳)相談室勤務 支援相談員

写真:Mさん

Q. 今の気分は?

A. 緊張しています笑

Q. 入職してからアットホームで働いてみてどうですか?

A. アットホームに就職してもうすぐ1年、1年早かったです。
いろんな出来事がたくさんありました。
印象的だったのは、大学生の実習の時に看取りの場面に立ち会う事があって、人が亡くなる事に対しての辛い悲しい気持ちをどう受け止めるたらいいのか、家でもずっと悩み続けていたんです。
でもここで働き始めて看取りに直接関わるようになって、利用者様に対して、自分ができる事で精一杯に関わって、触れ合う大切さに気付きました。辛い悲しい感情だけではなく「人はいつか亡くなる」それを受け容れることが出来てきたように思います。実習中とは違った感じです、、、成長しました。

Q. 実習してた施設に就職するってどんな感じ?

A. もともと、身近にいた方で闘病中の方の力になりたくて社会福祉士を目指しました。
でも精神保健福祉士か、社会福祉士で就職先を実は悩んでいたんです。
実習前はまだふわふわしてたんですが、実習に来て一人ひとりの人生の物語に触れ、人を支えていきたいなと思う気持ちが高まりました。
それと、自分の目で見て感じて、ここに就職したい。先輩の姿を見てこうなりたい!と思ってアットホームに決めました。

Q. ここに就職してよかったことを教えてください

A. 人と触れ合うことが私は好きで、ケアはその人の日常生活を直接支援することが主ですが、社会福祉士はとっても幅広い分野を扱っている事が魅力の一つです。
それに困ったときに他部署の方が悩みを聞いてくれたり、専門的なアドバイスがありがたいです。
いろんな方の意見が聞けるので、自分自身の成長に繋がっていると感じています。

Q. これからの福祉を目指す若者たちにメッセージを!

A. 責任感をもってこの仕事をして欲しいなって思います。
今、利用者様のケースで悩んでいる事があって…。支援相談員という仕事は、人の人生を預かっている仕事と思っています。
自分の投げかけひとつが、人の人生に影響してしまうこともあって、上手くいく人もいれば逆方向に進んでしまう人もいるので、何を投げかければいいのかなぁ…て悩んでいます。
家族の思い、利用者様の思い、どちらもよく分かるから葛藤しています。
最後に、新社会人は新しい風に自分自身がなっていくので、ぞんぶんに発揮してほしいです!

Q. これからの目標を教えてください

A. 私がいつも大事にしていることは、利用者様と関わり続ける事です。これからも関わることを大切にしていく事と、今よりスピーディに仕事を進めていきたいと思います。

写真:Mさん